症状別記事

2017.10.12

O脚の再発を予防する為には頑張らないことが重要!

 

 

 

 

O脚矯正を受けに行くと、

「頑張って!」

「ここに力を入れて!」

と言われることがあります。

 

 

 

患者さんを励ますという意味ではこういった声かけは大切かもしれませんが、私自身はO脚矯正に関してはこういった声かけは余り効果的とは思えませんし、むしろ頑張ることは一生O脚から抜け出せない体質を作り出してしまうと考えています。

 

 

今回はO脚矯正を自然に行い、将来的に再発を予防するために大切な考え方について紹介していきます。

 

頑張りすぎることで起こるデメリット

 

頑張りすぎることは人の体に負担を与えてしまいがちですし、頑張って結果を達成するとその後の開放感は非常に大きいものがあります。

 

実はこの開放感こそO脚矯正においては最も危険なのです。

 

例えば、ダイエットを例に考えてみます。ダイエット期間中は厳しい食事制限やハードな運動を課す方もいます。

 

有名なダイエット方法だと単品ダイエットなどがありますが、これは毎日3食りんごなど同じものだけを食べ続けるという方法です。この期間中はもちろん痩せるのですが、精神的にもストレスが大きく、ダイエット自体が苦痛になる方が多く見受けられます。

 

そして、ダイエットが終わるとこれまでの鬱憤を晴らすかのように過剰に食べすぎてしまい、リバウンドしてしまうことになるのです。

 

これは、我慢すればする程その反動が大きいという人の心理を反映しています。

 

O脚矯正もこれと同じなのです。

頑張って厳しいトレーニングを行い、常日頃からO脚のことを意識し続けて矯正すれば、矯正終了と同時に体はその反動で力を抜いてしまいます。

 

そしてその結果、再びO脚となってしまい、何度も治療院に通わなくてはいけなくなってしまいます。

 

では、無理なくO脚矯正するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

O脚矯正のコツは頑張らないこと

 

O脚矯正のコツは「頑張る」、「力を入れる」ではなく、むしろ「頑張らない」、「力を抜く」ことです。

 

頑張ってO脚矯正をしていると矯正終了と同時に再びO脚の状態に戻ってしまいます。しかし、普段から頑張らず楽にしていることで自然にO脚が矯正できれば矯正終了後もO脚の再発に怯える必要はなくなります。

 

楽で自然な状態こそがO脚ではない状態にすることがO脚矯正においては最も大切なのです。

 

O脚でお困りでしたら当院にご相談下さい。

きっとお役に立てると思います。

txt_bow_legs02

 

 

 

 

自律神経治療(肩こり、頭痛、顎関症、めまい、動悸、不眠、便秘)

 

腰痛治療、腱鞘炎、ばね指、産後の骨盤矯正、O脚矯正、スポーツ障害(捻挫、肉離れ、オスグット、足底筋膜炎、シンスプリント、など)

 

神戸市 垂水区 はた整骨院にお任せください。

住所  兵庫県神戸市垂水区舞多聞東3-2-23

電話番号078-782-5583

 

関連記事