症状別記事

2016.06.24

 

 

 

 

 

女性に肩こりが圧倒的に多い理由は?katakori

女性は男性よりも肩こりに悩む人が多いですが、それには色々な女性特有の事情があるのです。
女性特有の肩こりの理由と、注意すべき点をご紹介します。
あなたの肩こりも、こんな理由からかもしれませんよ。



女性は筋肉量が少ない

女性は男性に比べて筋肉量が少ないということが、第一の理由に挙げられます。
筋肉量が少ないと、少ない筋肉で重い頭を支えるため、負担がかかり疲れやすくなります。

また、筋肉量が少ないと身体に必要な熱生産も少ないので冷え性になってしまうことも肩こりの原因になります。
人間の身体は生体機能を保つために熱が必要ですが、この熱は半分が肝臓で半分が筋肉で作られています。
少ない筋肉量でも運動すると、筋肉を動かすことで熱生産量が高まり、冷えは解消されます。
できるだけ筋肉量を増やすようにし、毎日の運動を心掛けましょう。


女性は自律神経が乱れやすい

女性は男性に比べてホルモンバランスの乱れが生じやすいことも一因です。
女性は月に一度の生理があり、このときに女性ホルモンのバランスが変動します。

また妊娠、出産、その後の更年期の閉経などによる女性ホルモンの変動によって自律神経のバランスも崩れやすくなってしまいます。
その理由は、ホルモンの分泌も自律神経も脳内の同じ部位「視床下部(ししょうかぶ)」でコントロールされているため、
ホルモンバランスが不安定になると、自律神経にも影響を及ぼすとされています。
酷くなると、自律神経失調症を発症することもあります。
自律神経を正常に保つためには、不規則な生活習慣を避け、ストレスを溜めないことが大切です。


ダイエットやおしゃれ重視の習慣18e383ed6f717123bb51a6bcd961eb73_m

「いつも美しくありたい」これは女性の共通の願いですが、それを重視するあまり、無理なダイエットや締め付ける下着などが原因の肩こりもあります。
また、女性はバストがあるのでそれを支えるためにどうしても肩こりになりがちです。
身体に合っていない下着や服は肩こりを悪化させることになるので、おしゃれも大切ですが身体に合ったものを身に付けるようにしましょう。
またおしゃれ重視の薄着の習慣も身体を冷やし、肩こりに繋がります。
身体に優しく、暖かいおしゃれを工夫しましょう。

ダイエットによる栄養バランスの偏りは、ホルモンバランスの乱れから生理不順や体調不良を引き起こします。
女性が女性らしく美しくいられるためには、女性ホルモンであるエストロゲンがとても大切です。
エストロゲンが不足すると動脈硬化を起こしたり、肌や髪の潤いが失われ、老化が早くなります。
肩こりや身体のだるさもダイエットが原因の場合もあるので注意したいですね。
helper1_fumira_soft


その他にも、子育てや家事で無理をする、女性は男性に比べストレスを溜めやすいことなども、女性特有の肩こりの原因と言われています。60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_m
一度自分の生活を見直し、あてはまる部分があれば生活習慣の改善から始めてくださいね。
それでも、症状が改善しない場合当院にご相談下さい。
img_top09

関連記事