症状別記事

2018.08.26

いくらマッサージをしても良くならない腰痛はどうすれば治るのでしょうか。実は、マッサージをしても良くならない腰痛にはちゃんと、原因があるのです。この記事でマッサージをしても良くならない腰痛の原因を詳しく解説していきますので気になる方はぜひご覧ください。

~マッサージで効果のある腰痛は~

そもそも、マッサージをするとどんな効果があるのでしょうか?マッサージをすると次のような効果が期待できます。

①血流やリンパの流れが良くなる

マッサージをすると血流やリンパの流れが良くなるので、疲れを取ることができます。

②凝りをほぐすことができる

マッサージには固まった筋肉の凝りをほぐす効果があります。

 

~マッサージで効果が期待出来ない腰痛とは~

マッサージが効かない腰痛は以下のような原因が考えられます。

①身体の歪み

日常生活の積み重ねで、どうしてもその人の「癖」で身体が歪んでしまいます。

このように歪んでしまったものはマッサージだけでは腰痛の改善は難しいです。

②内臓疲労

内蔵疲労で腰痛なんか、起こるのか?と思いでしょうが、腰痛のある方の大半は内臓疲労

があります。これは、暴飲暴食、ストレス、食べ物のアレルギーなどがよくでます。

内蔵疲労が起こると、反射で筋肉を固くしてしまう作用があります。

③内臓の癌、腎結石など

このような場合の見極めはまず「安静時」にも痛い場合が多くみうけられます。

直ぐに病院に行くことをお勧めします。

 

ご紹介したようなマッサージをしても良くならない腰痛には、③を除いて「身体の歪み」

「内臓疲労」「ストレス」このような問題を解決する方法を当院では得意としています。

もしあなたが、マッサージをしても中々改善しない場合このような原因が考えられますので、

当院にご相談下さい。

 

            腰痛治療  はた整骨院

関連記事