症状別記事

2018.08.26

 

肩こりの方は、一度や、二度はストレッチをしたことがあるのではないでしょうか?ストレッチは肩こりに有効というイメージがあると思いますが、肩こりのときにストレッチをすると悪化させてしまう可能性もあります。この記事では、肩こりのときに有効な原因のものと、そうでないものを解説していきます。

 

~肩こりでストレッチが効果的なもの~

デスクワークや長時間同じ姿勢で作業したときに肩こりになる場合はストレッチは有効です。

 

~肩こりでストレッチがあまり効果が期待できない ~肩こりの原因~

 

自律神経の乱れで筋肉が固くなってしまうこと、内臓の疲労、姿勢の悪さによる骨の歪みといったものは単純にストレッチをしただけでは、改善が難しい場合があります。

 

 

そもそもストレッチとはどのようなもので、どのような効果があるのかご存知ですか?

ストレッチをすると、筋肉が伸びたり縮んだりするので、筋肉が柔らかくなって、血行が良くなります。ですので、肩の重だるさや疲れが一時的に改善されますが、筋肉以外からきている肩こりは、根本的な改善策とはいえません。

 

 

 

 

ストレッチで改善されない肩こりには

ご紹介したように全ての肩こりでストレッチが有効という訳ではありませんので、ストレッチで改善されない場合は、内臓疲労や体の歪み、自律神経の乱れが考えられます。このような場合

セルフケアだけでは改善は中々難しいので、専門家の当院にお任せ下さい。

きっと、来て良かったと思って頂けます。

 

           肩こり治療 はた整骨院

 

関連記事