症状別記事

2018.08.26

ストレスが顎関節に関係するのでしょうか?ほとんどの方が関係ないと思われると思いますが、実は、ストレスが顎関節に関係している症状もありますのでこの記事で詳しくご紹介していきます。

 不眠,原因

~ストレスが顎関節に関係するの?~

まずは、どのようにストレスが顎関節に関係しているのかを解説していきます。

大きなストレスがかかったり、常にストレスを感じてストレスが溜まった状態が続くと、自律神経が乱れて、不眠や疲れが取れにくくなってしまいます。このような症状がひんぱんに出ていると、血液中に悪玉コレステロールが増えて、血液の流れやリンパの流れが悪くなります。

血液やリンパの流れが悪くなると、筋肉の働きが悪くなっていきます。そうなると、筋肉が固まるので、ちょっとした衝撃でも顎の骨がずれたりしやすいです。顎関節症や顎関節症といった症状につながります。

 

 

~ストレスが顎関節に関係するの?~-症状編―

①緊張すると顎が痛くなる

緊張したときに顎が痛くなることが多い場合は顎関節が関係している可能性があります。

②睡眠不足になると顎に違和感がある

睡眠不足になったときに顎に違和感を感じるときはストレスが関係しているかも知れません。

 

このように顎関節とストレスは密接に関わっています。

当院では顎の調整はもちろん、乱れた自律神経も整える整体をしておりますので、

顎関節症でお悩みでしたら、当院にご相談下さい。

 

       顎関節治療  はた整骨院

関連記事