症状別記事

2018.07.02

 

 

こめかみが痛い頭痛の正体とは何でしょうか。

「こめかみがズキズキと痛い頭痛の正体が分からずいつも悩まされている。」という方は多いのではないでしょうか?実は、こめかみが痛い頭痛も正体が分かれば適切な治療を行うことができます。この記事では、こめかみが痛い頭痛の正体に迫ります

 

~こめかみが痛い頭痛の正体とは?~

 こめかみ,頭痛

こめかみが痛い頭痛の正体は、頭蓋骨の硬さ(原因脳疲労)が原因の1つです。

頭蓋骨の硬さで自律神経の乱れが原因でこめかみが痛むことがあります。

というのも脳にも自律神経があり、何らかの原因で硬くなった頭蓋骨の影響で更に

自律神経が乱れ頭痛が起こるという悪循環に陥る場合があります。

 

自律神経が乱れてしまうと次のような症状が現れます。

○睡眠不足

自律神経が乱れていると夜でも脳が興奮状態に陥ってしまうのでなかなか寝付けなくなり睡眠不足になります。

 

○筋肉の緊張状態が続く

自律神経が乱れていると、脳だけでなく筋肉いつも働いているので、筋肉に疲れが溜まり、やがて凝りとなります。筋肉が凝ってしまうと無意識に力が入ってしまうので緊張状態が続きます。

この2つの症状で疲れが溜まると、こめかみが痛い頭痛になります。

 

~まとめ~

こめかみが痛い頭痛の正体は頭蓋骨の硬さにあると紹介しましたが、

これは1つの原因であってすべてではありません。

当院の頭痛の施術は身体全体を診て問題のある所にアプローチしていきます。

もしあなたが頭痛でお困りでしたら当院にご相談下さい。

 

 

       頭痛治療  はた整骨院

関連記事