症状別記事

2018.07.02

生理痛でお悩みの方はかなりおられると思いますが、その原因について解説していきます。

 

生理のメカニズムは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモン

 

が関与しています。

 

生理後に増え、排卵前に減少するのが「エストロゲン」

 

排卵後に分泌量が増え生理前にピークになるのが「プロゲステロン」です。

 

「エストロゲン」の作用は卵胞を成熟させ子宮内膜を厚くすることで妊娠しやすい状態

 

にします。

 

「プロゲステロン」は体の水分や栄養を蓄えようとします。

 

生理前にむくんだり、食欲がでたりするのはその為です。

 

生理痛に深く関わっているホルモンが「プロスタグランジン」というホルモンです。

 

このホルモンは子宮内膜が剥がれ落ちる時に、子宮から押し出そうと

 

働きかけるホルモンです。このホルモンの作用で腹痛、頭痛、だるさなどが起こると言われてい

 

ます。

 

その他の生理痛の原因

 

①子宮口が硬くて狭い

 

②自律神経の乱れ

 

③冷えによる血行不良などです。

 

生理痛はどうしようもないと諦めていませんか?

 

上記のような原因を整体でホルモン調整や、内臓調整、自律神経の調整を整体で

 

出来ます。

 

当院では整体と食生活のアドバイスで酷い生理痛の方でも、改善しております。

 

酷い生理痛は仕方ないと諦める前に当院にご相談下さい。

 

         自律神経整体 はた整骨院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事