症状別記事

2016.10.02

 

 

 

産後の肩こりが起こる2つの理由とその対策とは?

 

109338s

 

産後は様々な体調不良を訴えられる方もいますが、その代表的な症状の1つに肩こりがあります。今回は産後に肩こりが起こる理由とその対策について紹介していきます。

 

産後に肩こりが起こる理由とは?

 

 

産後に肩こりが起こる原因は大きく分けると2つあります。それが育児や授乳などの影響による姿勢の変化と骨盤の歪みです。

 

まず、育児や授乳などの影響ですが、これは赤ちゃんの重量とお母さんの姿勢の変化が関係しています。産後はどうしても赤ちゃんを抱っこしたり、授乳をしたりする機会が多くなります。

 

 

しかし、授乳に慣れていないお母さんは授乳の際に肩周りに過度に負担をかけてしまい肩こりを悪化させてしまうことがあります。また、赤ちゃんは大きくなるスピードが早いのでお母さんの身体が適応する為の時間が短く、日に日に身体への負担は大きくなります。

 

もう1つ、産後の身体は骨盤の歪みが起こりやすい状況ですが、骨盤の歪みは肩こりへも影響を与えます。これは骨盤が歪むと代謝や血流が低下することが関連しており、肩こり以外にも腰痛や冷え、産後太りなどにもつながることがあるためです。

 

では、こういった原因で起こる肩こりに対してどのように対処していけば良いのでしょうか?

 

産後の肩こり対策①:姿勢を見直す

 授乳中

産後の肩こり対策の1つ目として、まず原因となっている姿勢の見直しを行います。そして、先程も紹介したように産後に肩こりを強める原因としては抱っこと授乳の姿勢があります。

 

 

まず、抱っこの際は肩に力が入りすぎないようにします。抱っこの際は無意識の内に肩に力が入りすぎてしまうことがあるため、過度に力が入っていないかを常にチェックするようにしておきましょう。もし、過度に力が入りすぎている場合は肩甲骨を内側に寄せるように意識してみます。こうすることで肩に過剰に力が入ることを防ぐ効果があります。

 

 

授乳のときはこの姿勢に加えて、授乳クッションを使うようにします。赤ちゃんが小さい内は姿勢を丸めて授乳をしてしまいがちですが、背中を丸めてしまうことは肩こりに関係する筋肉の緊張を高めてしまいます。このため、授乳クッションを使い、無理のない高さで授乳をすることで肩こりになりにくい姿勢を作るようにしましょう。

 

産後の肩こり対策②:骨盤の歪みを治す

 

 

産後3ヶ月~半年辺りまではお産の為に開いた骨盤が自然と閉じる時期ですが、この時期は同時に無理をしやすい時期でもあります。そして、この時期に無理をしてしまうと本来は自然に閉じるはずの骨盤が閉じず、歪んでしまうことがあります。

 

この骨盤の歪みは肩こりとの関係も深く骨盤が歪んだ状態だと身体に上手く力を入れることができなくなります。そして、身体に力を入れにくい状態のため、肩に過剰に力を入れることで対応しようとします。

 

しかし、その結果肩こりを助長させてしまい、辛い産後の肩こりに悩まされてしまうという状況に陥ってしまうことがあります。この状況を改善するためには根本の原因となっている骨盤の歪みを整える必要があります。

 

最も早い方法としては骨盤矯正がありますが、これは整骨院や整体院などで歪んだ骨盤の位置を整えてもらう方法です。産後の忙しいお母さんにとっては手軽に素早く行える方法なので、産後に骨盤矯正を受けられる方は多いです。

 

しかし、その反面いくら骨盤矯正をしても歪みが繰り返す方もいらっしゃいます。これは骨盤が出産の影響だけではなく他にも様々なことが関係して歪みを招いているためです。

 

骨盤の歪みを招く代表的な原因としては以下の3つがあります。

・日々の姿勢

・ストレス

・疲労

 

特にストレスと疲労に関しては産後のお母さんにはついて回る問題です。なれない育児と家事の両立、夜間の授乳や夜泣きなどで睡眠不足に陥りやすい状況はお母さんの心身にとっては大きなストレスとなり身体に疲労を溜めていきます。

 

そして、元々脚を組んだり横すわりをする癖がある場合や片側の手や肩に鞄をかけたり、高いヒールを履く癖があるような方も骨盤の歪みを助長させてしまいます。

 

このため、骨盤の歪みを根本から治すためには疲労やストレスが溜まっていないかを常に見直し、無理をし過ぎない生活をすることが大切です。そして、育児や家事においては頼れる所は誰かに頼り、お母さん自身の身体を労るようにしましょう。

 

その上で元々骨盤を歪める癖がある場合は自分の姿勢を徐々に見直し、骨盤が歪みにくい状態を作っていくことが大切です。

 

それでも中々改善しない場合、どうぞ当院にごそうご相談ください。

 

当院は自律神経に特化した施術を得意としています。

 

ストレスや、ホルモンバランスが産後は崩れやすいので、体が悲鳴をあげてしまいます。

 

きっとお役にたてると思います。

 

 

 img_top09

 

 

 

関連記事