症状別記事

2016.10.15

 

 

 

 

 腰痛からくるしびれの原因とは?危険なしびれを見分ける方法も紹介

 

 

日本人の内、約80%の方が生涯の内に患うと言われている腰痛ですが、腰痛の症状は痛みだけではありません。腰痛が悪化すると身体のしびれを生じることもあり、場合によっては背景に怖い疾患が潜んでいることもあります。

 9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_m

 

今回は腰痛からしびれがくる原因と危険な腰痛やしびれの見分け方を紹介していきます。

 

なぜ、腰痛に伴ってしびれが起こるのか?

 

 

痛みとしびれは別物と考えられている方もいらっしゃいますが、この2つは非常によく似ています。日常場面では長時間の正座の後などでしびれがみられることがありますが、これは関節などにある血管が圧迫されるためです。

 

 

つまり、しびれは身体のどこかで圧迫が起こり、血行が悪くなった状態と言えます。圧迫が起こる原因は様々で慢性的な身体の不調が原因となっている方もいれば、椎間板ヘルニアなどのように重症化すること

もあります。

 

このため、もしもしびれがみられた場合は何が原因でしびれが起こっており、どういった処置を行う必要があるかをしっかりと把握しておくことが重要です。

 image

腰痛に伴うしびれの対処法①:腰痛の原因を改善する

 

腰痛に伴うしびれを改善する方法として、まず1つ目はしびれの根本の原因になっている腰痛を改善することがあげられます。しびれの根本の原因になる腰痛ですが、実はその原因は複雑なものも多く、単純に腰に原因があると言い切れるものばかりではありません。

 

もちろん、腰周囲や背骨に異常があるときにも起こることはありますが、中には内臓に異常がある場合などもあり、複数の原因が関係し複雑化してしまっているものもあるのです。そして、この場合は原因を特定することが難しく腰痛治療に精通した専門家の手を借りる必要が出てくることもあります。

 

しぶとい腰痛やしびれに悩まされている場合は専門家に診てもらい、腰痛の原因に合わせた治療をしっかりと行ってもらうようにしましょう。

 

特にしびれは痛みが悪化してから出てくる方が多いです。このため、できればしびれが出る前の段階から治療に取り組み始めることが好ましいです。

 b0bf64a94cdcd658950b321b4e96bd06_m

腰痛に伴うしびれの対処法②:背骨の病気の場合

 

背骨(脊椎)の病気が原因で腰痛やしびれが起こっている場合もありますが、この場合は一度病院でしっかりと診察してもらうべきです。腰痛やしびれを招く代表的な疾患として椎間板ヘルニアやすべり症、腰部脊柱管狭窄症などがありますが、場合によっては背骨や背骨の中の神経にガンができる脊髄腫瘍、脊椎腫瘍が原因となっていることもあります。

 

これらの危険な状態を鑑別するために、痛みやしびれの状態をしっかりとチェックしておくことが大切です。

夜も眠れないほど痛い

・楽になる姿勢がなく、どの姿勢でも痛い

・つま先に行くほど強い痛みと痺れがある

・腰痛やしびれだけではなく排尿、排便のトラブルが併発している

 

こういった場合は何らかの疾患で神経が傷ついてしまっているリスクが高く、場合によってはすぐに処置を行わなければ脚の麻痺などを招き、歩くことが難しくなる可能性もある危険な状態です。これらの症状が見られる場合は整骨院や整体院だけではなく、必ず病院も受診するようにしましょう。

 

椎間板ヘルニアで起こる痛みやしびれかどうかの見分け方

 

先程紹介した兆候の他に若い方などに多い、椎間板ヘルニアで痛みやしびれが起こっているかどうかを見分ける方法もあります。

 

椎間板ヘルニアの場合、坐骨神経痛と呼ばれる症状を併発し腰やお尻、太ももの裏側、つま先に強い痛みやしびれがみられることがありますが、椎間板ヘルニア由来の坐骨神経痛は右か左のどちらか一側にのみ現れることが多く、両脚の痛みやしびれを招くことはごくまれです。

 

また、脚の内側ではなく外側で起こることが多く、痛む箇所も皮膚の表面近くという特徴があります。痛みの現れ方は急性と慢性の2種類があり、急な激痛で始まる急性の痛みがまずみられはじめます。その後、痛みが治まる方もいれば痛みが続く慢性型に移行する方もおり、この場合はつらい痛みやしびれに長い間苦しめられるという結果にもなり得ます。

 

椎間板ヘルニアなどで坐骨神経痛が起こっている場合は前かがみの姿勢や中腰の姿勢、背中を丸める姿勢を取った際に痛みが強まるという特徴がある為、どの姿勢で痛みが強いか、どの姿勢だと楽かをチェックしておくことも重要です。

 

たかが、腰痛やしびれと考えず、あなたの腰痛やしびれが何が原因できているかを把握すること、そしてその腰痛やしびれはどこで診てもらうのかを知っておくことが重症化を防ぐ上で大切です。

 

当院では、しびれでお悩みの方にも対応しております。

もしお困りでしたら、ご相談ください。

img_top09

関連記事