自律神経について

2018.08.26

肩こりに強いマッサージがNGな理由をご存知ですか?肩こりといえば強いマッサージというイメージがあると思いますが、実は強いマッサージは肩こりを悪化させてしまう可能性が高いのです。この記事では、肩こりに強いマッサージNGな理由を詳しく解説していきます。

 

肩こりは、筋肉の凝りだけが原因だと思われがちですが、肩こりにはさまざまな原因がありますのでご紹介していきます。

①自律神経の乱れ

 

強いストレスや寝不足といったことが原因で自律神経が乱れてしまうと、リンパ管や血管を締め付けてしまい、流れが悪くなってしまうので肩こりになってしまいます。

 

②内臓疲労が原因

内臓が疲労?と思う方も多いかた思いますが、これは、暴飲暴食、ストレスなどで内臓に疲労

が起きます。内臓疲労が起こると反射で筋肉が固くなります。

ですので上記に心当たりがある方は気をつけましょう。

 

 

肩こりに強いマッサージがNGな理由についてご紹介してきましたが、もしあなたが強いマッサ

ージを受けていて改善しない場合は上記の原因が考えられます。

マッサージしても、中々改善しない場合は自律神経の乱れ、内臓疲労の影響が出ている場合がございますので、当院にご相談下さい。

 

 

      肩こり治療  はた整骨院

 

詳細を見る

2018.08.26

 

肩こりの方は、一度や、二度はストレッチをしたことがあるのではないでしょうか?ストレッチは肩こりに有効というイメージがあると思いますが、肩こりのときにストレッチをすると悪化させてしまう可能性もあります。この記事では、肩こりのときに有効な原因のものと、そうでないものを解説していきます。

 

~肩こりでストレッチが効果的なもの~

デスクワークや長時間同じ姿勢で作業したときに肩こりになる場合はストレッチは有効です。

 

~肩こりでストレッチがあまり効果が期待できない ~肩こりの原因~

 

自律神経の乱れで筋肉が固くなってしまうこと、内臓の疲労、姿勢の悪さによる骨の歪みといったものは単純にストレッチをしただけでは、改善が難しい場合があります。

 

 

そもそもストレッチとはどのようなもので、どのような効果があるのかご存知ですか?

ストレッチをすると、筋肉が伸びたり縮んだりするので、筋肉が柔らかくなって、血行が良くなります。ですので、肩の重だるさや疲れが一時的に改善されますが、筋肉以外からきている肩こりは、根本的な改善策とはいえません。

 

 

 

 

ストレッチで改善されない肩こりには

ご紹介したように全ての肩こりでストレッチが有効という訳ではありませんので、ストレッチで改善されない場合は、内臓疲労や体の歪み、自律神経の乱れが考えられます。このような場合

セルフケアだけでは改善は中々難しいので、専門家の当院にお任せ下さい。

きっと、来て良かったと思って頂けます。

 

           肩こり治療 はた整骨院

 

詳細を見る

2018.08.26

ストレスが顎関節に関係するのでしょうか?ほとんどの方が関係ないと思われると思いますが、実は、ストレスが顎関節に関係している症状もありますのでこの記事で詳しくご紹介していきます。

 不眠,原因

~ストレスが顎関節に関係するの?~

まずは、どのようにストレスが顎関節に関係しているのかを解説していきます。

大きなストレスがかかったり、常にストレスを感じてストレスが溜まった状態が続くと、自律神経が乱れて、不眠や疲れが取れにくくなってしまいます。このような症状がひんぱんに出ていると、血液中に悪玉コレステロールが増えて、血液の流れやリンパの流れが悪くなります。

血液やリンパの流れが悪くなると、筋肉の働きが悪くなっていきます。そうなると、筋肉が固まるので、ちょっとした衝撃でも顎の骨がずれたりしやすいです。顎関節症や顎関節症といった症状につながります。

 

 

~ストレスが顎関節に関係するの?~-症状編―

①緊張すると顎が痛くなる

緊張したときに顎が痛くなることが多い場合は顎関節が関係している可能性があります。

②睡眠不足になると顎に違和感がある

睡眠不足になったときに顎に違和感を感じるときはストレスが関係しているかも知れません。

 

このように顎関節とストレスは密接に関わっています。

当院では顎の調整はもちろん、乱れた自律神経も整える整体をしておりますので、

顎関節症でお悩みでしたら、当院にご相談下さい。

 

       顎関節治療  はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

 

体調不良からくる肩こりの正体は一体なんでしょうか?実は、体調不良からくる肩こりは病気のサインであることが多いのです。この記事で体調不良からくる肩こりの正体に迫りますので気になる方はぜひご覧ください。

 

~体調不良からくる肩こりの正体は?~

体調不良からくる肩こりの正体は、自律神経症や胃腸炎、冷え症などさまざまですので、それぞれの症状の特徴と肩こりとの関係について詳しく解説していきます。

 

○冷え性

冷え性は、血行が悪くなることで全身に十分に血が巡らなくなってしまうために冷えてしまう症状のことです。肩こりと冷え性の関係性としては、血液がいきとどかなくなると血液の中に悪玉コレステロールが増えたり、血管が細くなってしまうので肩こりになってしまいます。

 

○自律神経症

自律神経症とは強いストレスを常に感じることで、自律神経が乱れた状態のままになってしまうことです。自律神経症になると寝つきが悪くなり不眠になります。不眠が続くと、疲れが十分に取れないため、慢性的な肩こりにつながります。

 

○胃腸炎

胃腸炎は、ストレスがかかることで胃が荒れてしまうことで引き起こされます。肩こりもストレスによって引き起こされるので肩こりは胃腸炎と関係しています。

 

体調不良からくる肩こりについて解説していきました。

当院ではこのような症状に対して、「内臓調整」「自律神経整体」を軸に

あなたのお悩みの症状を緩和していきます。

もしあなたが体調不良の肩こりでお悩みでしたら当院にご相談下さい。

詳細を見る

2018.07.02

 

頭痛と鬱の関係性とはいったい何でしょうか?実は、頭痛と鬱の関係はとても深いのです。「頭が重だるい頭痛がずっと続いている。」という方は、頭痛と鬱の関係性を知れば、頭痛を治せる可能性が高まりますので、この記事では、頭痛と鬱の関係性について詳しく解説していきます。

 めまい,鉄分

~頭痛と鬱の関係性とは?~

頭痛と鬱の関係とは、抑鬱状態の症状のひとつで気分が落ち込んでいるときに、「なんとなく頭痛がする。」といった症状や天気が悪いときや梅雨時期に頭痛がひどくなるのが特徴です。

なぜ、鬱状態のときにこのような頭痛が起きるのかというと、鬱状態になると自律神経が乱れて、血行が悪くなるので頭痛が起きます。

 

鬱が関係している頭痛には上記で解説した以外にもいくつか症状が出ることがありますので次の章で詳しく解説していきます。

 

~頭痛と鬱の関係性~-症状編―

鬱の症状として不安、焦燥感、イライラ感、やる気が出ない、悲しい気持ちになる、

食欲がでない、不眠、倦怠感、悲しい気持ちになる等の症状が出ます。

 

頭痛と鬱の関係性とは?と題して頭痛と鬱について解説してきました。

当院では鬱と頭痛の症状に対して自律神経を整える施術をしてまいります。

約3カ月から6カ月の施術で自律神経は整ってきます。

もし、あなたが鬱や頭痛でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

 

      自律神経専門整体 はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

 

起立性調整障害の原因は、一体なんでしょうか。起立性調整障害は完治しにくい病気ではありますが、原因が分かれば、発病頻度を減らすことはできます。そこで、この記事では、起立性調整障害の原因について詳しく解説していきます。

 

~起立性調整障害の原因は?~

起立性調整障害の原因は次のようなものがあります。

○ストレスのため過ぎ

ストレスが溜まっていると、自律神経が乱れて働きが悪くなるので、起立性調整障害を引き起こしやすくなります。

 

○血管が縮む

血管が縮むと血液の循環が悪くなり、十分に酸素がいきわたら足らなくなって酸欠状態になってしまうので、起立性調整障害を引き起こされます。

 

○急激に血管が広がる

デスクワークなどで長時間座っている状態から立ち上がると血管が突然広がってたくさんの血液が流れるため、身体が対応できずに立ちくらみといった起立性調整障害の症状が現れます。

○電磁波の影響

電磁波の影響が身体に及ぼし

○食事の影響

お菓子や甘いジュース、ジャンクフードを頻繁に摂取していると自律神経を乱して

身体に異常を来しやすくなります。

~起立性調整障害の具体的な症状~

○なかなか立ち上がれない

○頭痛

○倦怠感

○腹痛

○朝が起きれない

 

 

起立性調整障害の原因は?と題して起立性調整障害の原因を紹介してきましたが、原因はさまざまです。

起立性調整障害は10代によくみかける症状です。

当院では上記の説明の原因をしっかり検査して、自律神経を整えてまいります。

もしあなたやお子さんが朝、起きれないなどでお困りでしたら当院にご相談下さい。

 

         はた整骨院   自律神経整体

詳細を見る

2018.07.02

頭痛と食べ物の関係についてご存じですか?頭痛と食べ物は、いっけん何の関係もないように思えますが、実は深くかかわりあっています。この記事では、頭痛と食べ物の関係について詳しく解説していきますので気になる方は続きをご覧ください。

 

~頭痛と食べ物の関係について~

11111111111111

ふだん何気なく口にしている食べ物ですが、食べ物によっては頭痛を引き起こす食べ物もあります。ここからは、食べ過ぎると頭痛を引き起こす危険性がある食べ物をいくつかご紹介しますので思い当たる食べ物があるか確認してみて下さい。

 

○チョコレート

○ワイン

○チーズ

○レバー

○キムチ

これらの食べ物には、チラミンという血管を広げる成分が含まれているので、過剰摂取すると血管が膨張するため、頭痛が引き起こされます。

 

○ハム

○ソーセージ

○サラミ

これらのような肉を使った食品には、亜鉛酸ナトリウムという先ほどと同様の血管を広げる成分が含まれているため注意が必要です。

 

○インスタント食品

カップラーメンやスナック菓子といったインスタント食品にもグルタミン酸ナトリウムというチラミンや亜鉛酸ナトリウムと同じ成分が多く含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

頭痛と食べ物の関係についてご紹介してきましたが、よく口にする食べ物ばかりですので、頭痛が長引きお困りの場合は他の原因も考えられますので、当院にご相談下さい。

当院では何が原因で頭痛がおきているか?しっかり検査して施術していきます。

 

 

           頭痛治療   はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

 

更年期障害からくる肩こりについてご存じでしょうか?実は、更年期障害からくる肩こりは、さまざまな要因がありますので詳しく解説していきます。

 更年期,肩こり

~更年期障害からくる肩こりについて~

更年期障害からくる肩こりについては色々な原因がありますのでご紹介していきます。

 

①ストレスによって血行が悪くなる

ストレスが溜まっている状態が続くと自律神経が乱れて血行が悪くなり、肩こりになります。

②女性ホルモンの乱れによる肩こり

閉経によって女性ホルモンが減少して、自律神経が乱れて、肩こりが引き起こされます。

 

③筋力の低下からくる肩こり

年を取ると筋肉が硬くなるので自然と筋力が落ちてきます。それだけでなく、骨ももろくなるので、ちょっとしたことでも肩こりになりやすくなります。

 

肩こりの原因はこのようなものが挙げられますので、思い当たるののがないかどうか確認してみて下さい。

 

~更年期障害からくる肩こりについてー症状編―~

更年期障害からくる肩こりには次のような症状があります。

①酷い肩こりが続いている

酷い肩こりが2週間以上続く場合は更年期障害による肩こりの可能性があります。

 

②関節が痛む

女性ホルモンの減少でが痛む場合があります。

 

更年期障害からくる肩こりについて紹介しましたが、原因や症状はさまざまです。

今まで、そんなに肩こりの自覚症状もなく更年期に肩こりが酷く中々、改善しない

とお悩みでしたら、当院にご相談下さい。

当院では、女性ホルモンの減少によって乱れた自律神経を整える施術をしております。

 

 

           自律神経治療  はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

 

肩こりと貧血の関係についてご存じですか?肩こりと貧血は直接関係がないように思われがちですが実は、深い関係性があるのです。この記事では、肩こりと貧血の関係について解説していきますので、気になる方はご覧ください。

 肩こり,後頭部痛

~肩こりと貧血の具体的な関係について~

肩こりと貧血は具体的にどのように関係しているのでしょうか?ここでは、貧血から引き起こされる肩こりのメカニズムを解説していきます。

血液は、体や脳に必要な酸素や栄養素を運んだり、リンパの流れを良くして老廃物を排出する役割を担っています。

ところが、貧血になると十分な量の血液が無くなってしまうので、血液の循環が悪くなってしまいます。血液の循環が悪くなると、リンパもスムーズに流れなくなります。このように、リンパの働きが悪くなると、筋肉が固まってしまうので肩こりが引き起こされます。

 

~肩こりと貧血の関係性について~-症状編―

 

①いつも肩がこわばっているような気がする

寒いわけでもないのに肩がこわばって動きにくさを感じるという場合は、貧血が原因の肩こりの可能性があります。

②両肩に凝りを感じる

両肩が凝っているように感じる場合は貧血になっている可能性があります。

 

~まとめ~

肩こりと貧血の関係についてご紹介しましたが、貧血からの肩こりは気づきにくいので、肩の違

 

和感や肩こりが長引く場合は、一度当院にご相談下さい。

 

貧血からくる肩こりは一度症状が出た場合、食事で鉄分を摂取する以外にも、身体の調整を

 

したほうが、早く回復します。

 

           はた整骨院  肩こり治療

 

詳細を見る

2018.07.02

 

 

原因不明のめまいに悩まされている場合は、めまいの原因は鉄分不足かもしれません。鉄分不足から引き起こされるめまいには、いくつかの特徴的な症状がありますので、この記事で詳しくご紹介します。

 めまい,鉄分

~めまいの原因は鉄分不足?~-鉄分とめまいの関係性―

 

鉄分は、血液のもとになっているヘモグロビンを作り出します。そのため、鉄分不足なると血液不足になり血液が薄くなります。そのような状態になると、体に十分な酸素がいきわたらなくなるのでめまいが引き起こされます。

 

~めまいの原因は鉄分不足?~-症状編―

鉄分不足からめまいには次のような症状があります。

①立ちくらみ

立ちくらみはめまいの代表的な症状ですが、立ちくらみは脳に十分な酸素がいきわたらなくなるために引き起こされます。

②ふらつき

鉄分不足からのめまいの場合は立ちくらみに加えてふらつきがあります。しかし、ふらつきと立ちくらみは症状が似ているので、見分けがつきにくいです。ふらつきは突然バランスを崩しますが立ちくらみは、立ちあがったときにふらふらする症状のことを指します。

 

③動悸

階段を駆け上がったわけでもないのに動悸を感じる場合は、鉄分不足からのめまいの可能性があります。

 

~まとめ~

めまいの原因は鉄分不足?と題してさまざま症状をご紹介しました。

まずは鉄分を多く含む食品を摂取しましょう。

鉄分不足が気になる方は瞼の裏が白い場合は可能性大です。

鉄分不足でめまいの症状が出ると鉄分だけの摂取だけでは改善しない場合があります。

それは自律神経の乱れを起こるからです。

当院では自律神経の施術もいたしておりますので、めまいでお困りでしたら当院

にご相談下さい。

 

 

          めまい治療  はた整骨院

詳細を見る

1 / 612345...最後 »