顎関節症について

2018.08.26

 

手術をしないで顎関節症を改善に導く事は可能か?あまり知られていませんが実は、顎関節症は手術しなくても改善させることができますのでその方法をこの記事で詳しく解説していきます。

 

 

手術をしないで顎関節症を改善に導くには、まず原因を知ることが大切です。顎関節症の主な原因は次のとおりです。

 顎関節症の原因

①姿勢の悪さ

 

姿勢と顎関節症は関係がないと思われがちですが、姿勢が悪いと全体重が首や顎にかかってしまいます。長時間負担がかかっていると、顎の筋肉が固まったり背骨が歪んだりして、顎関節症を引き起こしてしまいます。

②首の凝り

慢性的に首の凝りがある方の場合は、リンパや血液の流れが悪くなっています。ですので、慢性的な首の凝りがある方は注意が必要です。

 

③顎の骨が歪んでいる

片側だけで噛む、ストレスで無意識に歯を食いしばるといったことを日常的に繰り返していると顎の骨が歪んでしまっていることがあります。顎の骨が歪んでしまっていると、顎関節症になってしまいます。

 

手術をしないで顎関節症を改善に導くには?

顎関節症になる原因は上記のようなことが考えられますので「顎の調整」や「頭蓋骨の調整」

「内臓調整」「骨盤の調整」などをしていくと改善していくことが多くあります。

もしあなたが、顎関節症でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

 

 

          顎関節症  はた整骨院

詳細を見る

2018.08.26

デスクワークの方が顎関節症になりやすい原因は?

 

他の職業よりもデスクワークの方が顎関節症になりやすい原因は一体なんでしょうか?デスクワークの方が顎関節症になりやすい原因はさまざまですので、この記事で詳しく解説していきます。

 

~デスクワークの方が顎関節症になりやすい原因は?~

顎関節症になってしまうのは、顎を形成している顎の周りの筋肉や骨に何らかの異常があるときに引き起こされます。特に筋肉が固まってしまうと、口を開けたときに、痛みを伴うこともあります。

デスクワークの方が顎関節症になりやすい原因は、長時間同じ姿勢であることと、一部の筋肉しか使わないことです。

○長時間、同じ姿勢であること

デスクワークは、パソコンでの入力作業が中心なので、仕事中は、前傾姿勢になりがちです。前傾姿勢が続くと、顎に負担がかかるので、顎関節症になりやすくなります。

○一部の筋肉しか使わない

デスクワークは、基本的に手と腕しか使わないので、顎の筋肉が固まりやすくなりますので、顎関節症になりやすくなります。

○目の疲れ

パソコン作業で目が疲れると、リンパの流れが悪くなるので筋肉が固まって顎関節症に繋がります。

 

デスクワークの方が顎関節症なりやすい原因を解説していきました。

当院の顎関節の施術は、顎の施術とその他原因になっている箇所も含めて

施術していきます。

もしあなたが顎関節症でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

 

      顎関節症  はた整骨院

詳細を見る

2018.08.26

 

「顎関節症が整体でよくなるの?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか?顎関節症は顎に原因があるというイメージがあると思いますが、顎以外にも原因があります。

もちろん顎にも原因がありますが、顎とそれ以外のところも原因がありますから、「整体」

で良くなるケースはかなりあります。

 

―顎関節症の原因―

 

顎関節症は、顎を形成している筋肉が硬くなったり、骨がずれてしまうことで引き起こされます。原因は、噛み合わせの悪さや歯を食いしばるなどもありますが、「背骨の歪み」「頭蓋骨の歪み」「内臓疲労」「自律神経の乱れ」などが原因になることも多々あります。

 

~顎関節症を整体で良く出来る症状~

①肩こりや首の凝りを感じる

顎の痛さや違和感のほかに肩こりや首のこりを感じる場合は、顎関節以外にも

首に原因があったりするケースがあります。

この場合は首の歪みなどを調整すると改善するケースが多くあります。

②頭蓋骨の歪み

頭蓋骨は複数の本当に骨が重なりあっているので、そこにズレが起こると顎関節にも

影響が出やすいです。この場合も頭蓋骨を調整してあげると改善するケースが多くあります。

③内臓疲労

顎関節と内臓は関係ないように思えますが、内臓疲労から「内蔵反射」で筋肉が固くなり

顎にも影響することが多いです。

この場合も内蔵をを調整してあげると改善するケースが多くあります。

 

ご紹介したように、顎関節症は上記のような原因が多く見受けられますから、このような原因は十分整体で改善が期待できます。

もしあなたが「顎関節症」でお悩みでしたら当院にご相談下さい。

 

        顎関節症  はた整骨院

詳細を見る

2018.08.26

顎関節症の原因は顎以外にもあることをご存じでしたか?顎関節症と聞くと、顎に何らかの異常が起こるイメージがあると思いますが、実は顎関節症の原因は、顎以外にもあるのです。詳しい症状については続きをご覧ください。

 

~顎関節症の原因は顎以外にもある?~

顎関節症の症状は顎以外にもあると触れましたが次のような症状があります。

①肩こり

顎関節症の原因の一つに肩こりがあります。顎関節に何らかの異常がある場合、顎を支えている肩にも負担がかかってしまうので、肩こりになってしまう可能性が高いです。

②ストレートネック

ストレートネックとは、本来S字に曲がっていなければいけない首の骨が真っ直ぐになってしまっている状態です。筋肉が固まってしまうと、ストレートネックになってしまうと首の筋肉が固まってしまうので顎の筋肉も固まっていきます。

③内臓疲労

顎と内臓が関係するの?と思われるかもしれませんが、かなり関係があります。

例えば、腸が疲れていたり、ウイルスや、菌が腸に悪影響を及ぼしていると、反射で筋肉が固くなり、顎関節にも影響する場合があります。

 

④頭痛

顎関節症によって引き起こされる頭痛は、重だるさがあるのが特徴です。このような痛みが続くときは顎関節症の可能性があります。

 

 

ご紹介したように顎関節症の原因は顎以外にもあるので、思い当たる症状がある方は、宜しけれ

 

ば当院にご相談下さい。

 

             はた整骨院  顎関節治療

詳細を見る

2018.08.26

 

顎関節症の症状で口を開けると痛い原因とは一体なんでしょうか?原因が分かれば、治療することができるので、痛みに悩む必要がなくなります。この記事では、顎関節症の症状で口を開けると痛い原因を解説していきますので、痛みに悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

~顎関節症の症状で口を開けると痛い原因は?~

 

顎関節症の症状で口を開けると痛い場合は、顎関節症の可能性があります。

顎関節症は、顎を支えている骨の一部がずれることで痛みが生じます。

顎関節症の症状で口を開けると痛いときには顎がガクンとなって顎が外れたような感覚になります。

 

次の章では、顎関節症の症状について解説していきます。

 

~顎関節症の症状で口を開けると痛い原因は?~-顎関節症の症状~

顎関節症の症状で口を開けると痛い,

原因である顎関節症の症状について詳しくご紹介していきます。

①顎関節症は、顎関節の周辺の組織(靭帯や筋肉、骨)が歪んでいたり、緊張していたり

することによって、顎関節に異常をきたし痛みが出やすくなります。

②歯のかみ合わせが悪くなる

顎関節症により、骨がずれてしまうことで、無意識に片側でしか噛まなくなります。その結果、歯のかみ合わせが悪くなってしまいます。

このような症状がある場合は、顎関節症かも知れません。

 

 

顎関節症の症状で口を開けると痛い原因は、顎関節症だとご紹介しました。

 

顎関節症はご飯を食べり、欠伸のときでもひじょうに怖い感じがすると思います。

 

当院では顎関節の調整と、頭蓋骨の調整、内臓調整をすることによって「顎関節症」を

 

改善していきます。

 

もしあなたが顎関節症でお困りでしたらご相談下さい。

 

       はた整骨院   顎関節治療

詳細を見る

2018.08.26

ストレスが顎関節に関係するのでしょうか?ほとんどの方が関係ないと思われると思いますが、実は、ストレスが顎関節に関係している症状もありますのでこの記事で詳しくご紹介していきます。

 不眠,原因

~ストレスが顎関節に関係するの?~

まずは、どのようにストレスが顎関節に関係しているのかを解説していきます。

大きなストレスがかかったり、常にストレスを感じてストレスが溜まった状態が続くと、自律神経が乱れて、不眠や疲れが取れにくくなってしまいます。このような症状がひんぱんに出ていると、血液中に悪玉コレステロールが増えて、血液の流れやリンパの流れが悪くなります。

血液やリンパの流れが悪くなると、筋肉の働きが悪くなっていきます。そうなると、筋肉が固まるので、ちょっとした衝撃でも顎の骨がずれたりしやすいです。顎関節症や顎関節症といった症状につながります。

 

 

~ストレスが顎関節に関係するの?~-症状編―

①緊張すると顎が痛くなる

緊張したときに顎が痛くなることが多い場合は顎関節が関係している可能性があります。

②睡眠不足になると顎に違和感がある

睡眠不足になったときに顎に違和感を感じるときはストレスが関係しているかも知れません。

 

このように顎関節とストレスは密接に関わっています。

当院では顎の調整はもちろん、乱れた自律神経も整える整体をしておりますので、

顎関節症でお悩みでしたら、当院にご相談下さい。

 

       顎関節治療  はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

 

顎関節がだるい正体は何でしょうか?実は、顎関節がだるい正体は意外なところにあります。顎関節がだるい正体が気になる方はぜひ続きをご覧ください。

 不眠,原因

~顎関節がだるい正体は?~

顎関節がだるい正体は、実は肩こりや首の凝りまたは、関節ヘルニアです。それぞれの症状について解説していきます。

 

○顎関節のだるさと首の凝り

首の凝りが長いあいだ続いていると、その凝りによって生じた疲れが顎にも伝わって、だるさを感じることがあります。

 

○顎関節のだるさと肩こり

デスクワークや同じ姿勢をずっと続けていると酷い肩こりになってしまいます。肩の筋肉は首や顎の筋肉と繋がっているので、酷い肩こりで肩の筋肉が固まったり筋を痛めてしまうと、顎関節がだるくなってしまいます。

 

○顎関節のだるさと関節ヘルニア

そもそも、ヘルニアとは、「飛び出る。」や「飛び出す。」という意味です。ですので関節ヘルニアとは、骨の一部が飛び出してしまっている状態ということになります。

その中でも顎や首を支えている骨が飛び出してしまっているのです。関節ヘルニアになっていると、食べ物をを噛むときや口を開けたときに痛みを感じたりだるさを感じることがあります。

 

 

顎関節がだるい正体は、首の凝りや肩こり、関節ヘルニアであるとご紹介しました。これらの症状は、当院で治療することができますので顎関節のだるさにお悩みの方はご相談下さい。

 

当院では顎のだるさに関わる首や肩、頭蓋骨の調整をすることによって、肩こりや顎のだるさを

 

改善していきます。

 

 

                                                         顎関節治療 はた整骨院

詳細を見る

2018.07.02

肩こりと顎関節症、両方の症状でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

肩こりと顎関節症の関係性について解説していきます。

 

めまい,鉄分

口を開ける時に痛みがあったり、スムーズに口があかなくなるなどの症状があった時は、顎関節症の可能性があります。無理をして口を開けていると、あごが外れてしまうこともあります。

顎関節症が続くと、めまい、眼の疲れ、しびれなど色々な症状に発展する可能性があるので早めの通院が必要となります。

歯のかみ合わせに支障をきたしていることが原因となることが多いのですが、肩こりも顎関節症と関係があるのです。肩と顎の筋肉はつながっている部分があり、片方の筋肉のバランスが崩れるともう片方の筋肉も緊張してしまい障害が発生することがあるのです。

長時間この障害が続いてしまうと、肩こりがさらにひどくなることがあります。また、肩こり、顎関節症を改善するポイントとして自律神経を整える事も重要です。自律神経に乱れがでていると、また再発してしまうことがあるのです。自律神経は呼吸や血圧などを管理しており、生きていくうえでかなり重要な仕事をしています。

自律神経には2種類あり、交換神経と副交感神経があり危険を感じたときに落ち着かせてくれるのが交感神経で、副交感神経は寝ている時などリラックスしている時に血管を拡張するなどの働きをします。

まとめ:肩こりと顎関節症を治すには専門院の受診をお勧めします。

当院では、固くなっている筋肉の調整、顎関節の調整、内臓調整、頭蓋調整と複合的に

体を診て調整していきますので、今までどこにいっても改善しないと諦めている方でも

一度ご相談下さい。

          顎関節治療  はた整骨院

 

詳細を見る

2018.01.19

顎関節症についての症状や、原因について解説していきます。

 

最近、顎関節症の方が多くなってきたといわれています。

 

その原因について

①噛み合わせの問題

顎関節症について

噛み合わせが悪いと物を噛む時に常に顎に負担がかかります。

②姿勢の問題

顎関節症について

姿勢が悪いと体のあらゆるところが、歪み結果顎関節のバランスも崩れやすくなります。

③ストレス

顎関節症について

ストレス社会と言われてますが、ストレスの度合いによってその人の

閾値をこえてしまうと、筋肉の緊張から顎関節に影響を与えると言われています。

 

④食生活の問題

顎関節症について

現社会は昔に比べて、あまり固い物を食べなくなった

といわれています。

その結果、顎関節に関与する筋肉や骨が昔の人ほど強くないのが一つ原因と言われています。

 

症状について

①口があまり開かない

 

②口は開くが開けるときに、「ギシギシ」音が鳴る

 

③顎が痛い

 

④顎がロックして開かない

 

⑤顎がだるい

 

 

 関節症について解説していきました。

 

顎関節症でお困りでしたら はた整骨院へ

詳細を見る

2017.12.08

顎関節症 神戸市 垂水区 はた整骨院

顎関節症 症例その2

あ

 年齢29歳 女

症状 開口時に右の顎関節開口時にクリック音と疼痛、口に指1本半しか入らない。

 

検査:腹部(小腸、胃)のあたりに圧痛、背部から頸周りの筋肉の緊張あり

 

頭蓋骨、頚椎の歪みあり、首回りの筋力低下

 th_2015821mn-261

施術:小腸、胃の調整、頭蓋骨、頚椎の調整、背部の張りをとり動きをよくする施術

1回目の施術:指2本はいるようになる。

顎関節の痛みも10→5に軽減

 

2回目の施術:5日後に来院

   少し痛みは10→7に戻っている。

   内臓、頭蓋骨、頚椎、背部の張りもかんり改善

  痛みも10→3

 3回目の施術:5日後に来院

  あまり戻りもなく、いい状態をキープ

  10→1まで軽減

6回目:ほぼ痛みも出ない状態

体のいい状態をキープするため、10日に1回位のペースで

様子を見ていくことに。

 

 11

考察:この方は、食事生活がみだれてい  て小腸、胃にかなり負担がかかっていました。

出来る範囲で、甘いものを控えてもらい、栄養のあるものをとってもらうよう指導

 

総括:この方は小腸が一番状態が悪かったです。

   腹部をどこを押しても痛がっていました。

   小腸に負担のかかる食べ物 小麦、乳製品、甘いものなどを減らしていった結果

   早く痛みが引いてご飯をたべるのも苦にならなくなりました。

 

   皆さまも上記の内容にあてはまれば、食事に気をつけてみてください。

   それでも、よくならなければ、当院にご相談下さい。

 

img_top09

 

20161115timg_top01_on

 

 

 

 

詳細を見る

1 / 212