起立性調整障害

2018.07.02

 

起立性調整障害の原因は、一体なんでしょうか。起立性調整障害は完治しにくい病気ではありますが、原因が分かれば、発病頻度を減らすことはできます。そこで、この記事では、起立性調整障害の原因について詳しく解説していきます。

 

~起立性調整障害の原因は?~

起立性調整障害の原因は次のようなものがあります。

○ストレスのため過ぎ

ストレスが溜まっていると、自律神経が乱れて働きが悪くなるので、起立性調整障害を引き起こしやすくなります。

 

○血管が縮む

血管が縮むと血液の循環が悪くなり、十分に酸素がいきわたら足らなくなって酸欠状態になってしまうので、起立性調整障害を引き起こされます。

 

○急激に血管が広がる

デスクワークなどで長時間座っている状態から立ち上がると血管が突然広がってたくさんの血液が流れるため、身体が対応できずに立ちくらみといった起立性調整障害の症状が現れます。

○電磁波の影響

電磁波の影響が身体に及ぼし

○食事の影響

お菓子や甘いジュース、ジャンクフードを頻繁に摂取していると自律神経を乱して

身体に異常を来しやすくなります。

~起立性調整障害の具体的な症状~

○なかなか立ち上がれない

○頭痛

○倦怠感

○腹痛

○朝が起きれない

 

 

起立性調整障害の原因は?と題して起立性調整障害の原因を紹介してきましたが、原因はさまざまです。

起立性調整障害は10代によくみかける症状です。

当院では上記の説明の原因をしっかり検査して、自律神経を整えてまいります。

もしあなたやお子さんが朝、起きれないなどでお困りでしたら当院にご相談下さい。

 

         はた整骨院   自律神経整体

詳細を見る